HOME > ♪ レッスン
♪ レッスン

未就学児~小学生

<未就学児>
ミズクラピアノスクールでは、ピアノの指導は3才からとしています。単純な音遊びやリトミックはもっと月齢が低くても出来ますが、実際にピアノを弾くレッスンは、やはりそれなりに指先の神経の発達と理解力が備わっていなければ成り立ちません。開始時期が早ければ良いと言うものでもなく、言葉が理解でき、コミュニケーションが取れるようになってからで十分です。
3~4才頃は主にリズムとソルフェージュを中心とし、ピアノでは指を使い分けて弾く練習をしていきます。早い子は、簡単な両手弾きにも挑戦します。
5~6才頃になると、譜読みにも力を入れます。ホワイトボードや音符カードなどを使って楽しく音符を覚え、読める範囲をどんどん広げていきます。

<小学生>
一般的に、小学生からピアノを始める子が多いです。ここで大切にしたいのは、とにかく「ピアノが楽しい!」と言う気持ちを持ってもらうこと。
この時期は、楽しいと思うことは大変なスピードで吸収していきますが、そうでない場合は前向きに取り組むことすら難しいですね。大人のように、やるべきことに理解を持って忍耐でコツコツと…というのは、なかなか厳しいものがあります(笑)もちろん個人差はありますが、やはり子どものうちは、楽しむからこそ上達できるのだと思います。そして、上達するからまた楽しい。そんな理想のサイクルを作れるよう、コミュニケーションを大切にしながら、一人ひとりに合うレッスン内容を考えて実行していきます。
※メインとなるものは様々ですが、生徒さんが共通で使用している教材に「リズムとソルフェージュ」、「バーナム」があります。

ピアノが初めての生徒さんは、主にこんな教材を使用しています。
だんだんステップアップしていくと… これらの教材が待っています。

中学生

中学生にもなると、音楽的に高度なことも理解が出来て、技術的にはもちろん、表現力もグッとアップしてきます。日々の生活で様々なことを感じ、考えながら、子どもから大人の音楽へと進化していく時期です。レッスンでは、バロックから古典、ロマン派、印象派…とクラシック音楽の歴史の流れや特徴を学びます。基本的にクラシックを主体とし、バッハや、古典派のソナチネ、ソナタなどを必須として進めていきますが、もちろんそれら以外を取り入れても構いません。たまにポップスや映画音楽など、好きな曲で息抜するのも良いでしょう。楽しみながらコードを覚えたり、譜読みの勉強にもなります。多感な時期ですから、一辺倒でなく様々なジャンルに触れて、違った魅力を感じ取るのも良いと思います。それが後に自分の音作りのヒントにもなるかもしれません。

また、中学生で初めてピアノを習うと言う方も、もちろん大丈夫です!年齢的に遅いから…と尻込みする必要はありません。小学生よりも確実に理解力はありますから、本人のやる気さえあれば、どんどんステップアップ出来ます。指も、しっかりテクニックの練習をするにつれて必ずよく回るようになってきますよ。クラシックではなく、色々と好きな曲を自由に弾きたいという方も、もちろん歓迎いたします。

高校生・一般

<高校生>
音楽への理解が深まり、ある程度のレベルが身に付いているため、レパートリーを増やしていくことがとても楽しい時期です。
フランスものやロシアものなど、ぜひ様々な作曲家に挑戦していただきたいですが、やはりバッハやベートーベンソナタ、ショパンエチュードなどの定番は継続して欲しいと思います。いずれも高度なテクニックや音楽表現が学べ、それぞれ一曲の内容が深く、大変勉強になります。
一朝一夕では仕上がらないものですが、レッスンでは、音楽を作り上げていくその過程を楽しめるように努めます。難度の高い曲を少しづつ自分のものにしていく喜びは、また特別ですね。

<一般> 
大人になってからピアノを始めたという方は、大勢いらっしゃいます。
きっかけや理由はさまざま。ドラマに影響されてだったり、昔やめてしまったピアノを子どもと一緒に再開したり。もともとクラシックが好きで勉強したい、定年後の趣味として始めたい…などなど。
音楽を楽しむのに、年齢なんて関係ありません。やりたいと思ったその瞬間が、始め時ではないでしょうか。

心の中で描いていた音を、実際に鳴らしてみませんか? きっと、かけがえのない宝物のように、キラキラして輝くと思います。

まったくの初めての方でも、ご心配なく! 一人ひとりのご要望にお応えし、目的に合わせ、しっかりとサポートいたします。

保育士向け

保育士を目指す人の為のピアノレッスン

実際に保育士経験、リトミック経験のある講師が、現場で「使える」ピアノを詳しく、充実した内容で丁寧に指導します。
たくさんの童謡・歌謡レパートリー、コードの読み方や使い方、リトミックの展開の仕方や必要な即興などなど。

もちろん、現役保育士さんも大歓迎!
様々なご要望にお応えします。
お問い合わせ