HOME > ♪ フォト
♪ フォト

第9回発表会♪ フリーコース・グループAとグループBの受賞者さんたち

今年もみなさん、お疲れさま! 全員よ~く頑張りました!

その中で観客の皆さまからのオーディエンス賞・準オーディエンス賞に輝いた生徒さんたち、改めておめでとうございます(≧▽≦)

私からの個別コメントとともにお写真掲載させていただきますね♪


まずはフリーコース・グループAのオーディエンス賞のT・Hくん。
米津玄師の「まちがいさがし」を演奏しました。おめでとう!(*^^)vHくんは昨年に引き続きの受賞でした。今回は例年にくらべて出てくる和音がずーっと難しくて、本番1か月前には「間に合うのか…(;´・ω・)?」と私、心配でおりました。しかし、よく直前で追い上げましたね。サビの部分ではしっかり盛り上げ、メリハリを出すように頑張っていました。男の子らしく、力強いピアノを届けられましたね。少々のミスはドンマイドンマイ(笑)来年はお家での練習量を調整して、もっと早い時期に仕上げられるようにすると、本番での演奏が格段に安定しますよ!来年は更にグレードアップしたピアノを楽しみにしていま~す(*´ω`*)b♪


続いてフリーコース・グループAの準オーディエンス賞のK・Aちゃん。
マシコタツロウ作曲「ハナミズキ」を演奏しました。Aちゃんはなんと初めての発表会で堂々の準オーディエンス賞!おめでとう~ヽ(^o^)丿 Aちゃんはまだピアノ歴3年目なのに、難しい楽譜をよく頑張りました。いつもレッスンでAちゃんの音色を聴いていると「キレイな音色を持っているな~」と思っていました。選曲もその特徴にピッタリでしたね。観客の皆さまからのコメントにも、そういう賞賛の声が多かったですね~。初めてのステージで本番は緊張したでしょうけど、いつも通り、控えめながらも柔らかくて優しいキレイな音で弾けました。Aちゃんの良いところが皆さんに伝わって、私も嬉しかったです。これからもピアノを楽しんでいってください♪


お次はフリーコース・グループB、オーディエンス賞のT・Mちゃん
米津玄師作曲の「カイト」を演奏しました。去年に引き続き、今年もグループ内第1位おめでとう!(*^^)v 嵐ファンのMちゃん、今年も嵐の曲を頑張りましたが、去年とは楽譜の難易度が全然違いましたね。まだカイトの楽譜が市販で出回ってない頃に、耳コピ楽譜をネットからダウンロードして…。またそれが左と右が音域がかぶる箇所が多いのなんの(^_^;)R.Hなどの記号も全く書いていないし色んな意味で大変(笑)「えーと、ここの音は右手で取るようにして~、こっちは左の方がいいかもね…」なんて2人で試行錯誤しながら進めていきましたね。音域も広かったし、かなり難しいアレンジでしたが、よ~く頑張りました!見事にレベルアップしての受賞、おめでとう!ヽ(^o^)丿


そしてフリーコース・グループBの準オーディエンス賞のM・Cちゃん。
パッヘルベル作曲「カノン」を演奏しました。Cちゃんは今回生徒の中で一番長いスパンで頑張ったんじゃないかしら…。技術的にかなりレベルアップしたものに挑戦しました。カノンってそもそも原曲がピアノのためのものじゃないから、世に出ている楽譜はみんなアレンジ物。その数えきれないほど多くの中から、演奏映えする難しい楽譜をチョイス。今回はCちゃんの意気込みが並々ならぬものを感じていましたので(笑)「難しかったら和音を簡略化してもいいよ~」とは言いましたが、決して首を縦に振らないCちゃん(笑)見事、そのまま弾ききりました!右手は本当に難しかったのですが、練習を積み重ね、よく頑張りましたね。本番では素晴らしい安定感でした♪
フリーコース・グループA オーディエンス賞のT・Hくん(小4)
フリーコース・グループA 準オーディエンス賞のK・Aちゃん(小5)
フリーコース・グループB オーディエンス賞のT・Mちゃん(小6)
フリーコース・グループB 準オーディエンス賞のM・Cちゃん(小4)

第9回発表会♪ クラシックコース・グループAとグループBの受賞者さんたち

クラシックコース・グループA、オーディエンス賞のT・Sちゃん。
ベートーヴェン作曲「エリーゼのために」を演奏しました。Sちゃんは去年からこの曲が弾きたかったんですよね。念願のエリーゼで初めてのオーディエンス賞、おめでとう!(*^^)v エリーゼって子供の頃に誰もが一度は弾きたいと思う曲で、取り掛かりやすい部分もあるけれど、ちゃんと“音楽的に”弾こうとするとなかなか難しいんですよね。強弱はもちろん、テンポの揺れとか、32分音符の細かい指の動きなど、各要所でよく努力しました。本番ではなめらかな音色も良かったし、雰囲気の移り変わりをよく表現できていたと思います。私はやはりこの曲は今年の挑戦で良かったな~と思いました(^^)いつも素直で一生懸命にレッスンを受けているSちゃん、これからの成長を楽しみにしていますよ!


続いてクラシックコース・グループA、準オーディエンス賞のK・Hちゃん。
グルリット作曲「おまつり」、ミーチャム作曲「アメリカン・パトロール」を演奏しました。Hちゃんは、なんとピアノを始めて6か月での発表会挑戦!にもかかわらず、堂々たるステージで準オーディエンス賞!おめでとう~(^^)/ 実は数日前までちょっとうまくいかないことがあるのをを聞いていたのですが、ここ一番の勝負強さを見せていただきました。Hちゃんはレッスンを始めた頃からカンが良く、おまけによく努力する生徒さん。初めは1曲の予定でしたが、あっという間に弾けるようになり、更に難易度アップの曲を追加。お見事でした!Hちゃんはいつも課題をこなしてくる姿勢にとてもやる気を感じるので私は毎週嬉しく思っています。これからも楽しくピアノやっていこうね(*^^)


お次はクラシックコース・グループB、オーディエンス賞のK・Yちゃん。
ショパン作曲「ノクターン第2番」を演奏しました。Yちゃんは去年に続いてのグループ内第一位でした。おめでとう!(*^^)v Yちゃんは初めてのショパンでしたね。昨年の曲に比べると、う~んと左手が難しかったと思います。ショパンはメロディーだけでなく、和声の変化が本当に美しくてそこに彼の天才性が表れているので、かなり左手が重要。何週間も時間をかけて、左手から丁寧に覚えていくようにしましたね。苦労はしたけど、やっぱり大好きな曲は皆さん頑張ります(笑)Yちゃんはいつも綺麗な曲をご所望ですが…私、実はYちゃんのクレッシェンドからのフォルテを聴いていると、情熱的な激しい曲もよくハマりそうだと思っています。Yちゃん、次の発表会では路線変更もいかが??(笑)


そしてクラシックコース・グループB、準オーディエンス賞のF・Aちゃん。
モーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」を演奏しました。はいAちゃん、もう6年!?受賞を逃しておりません。入賞の常連さん(笑)今年もおめでとう!ヽ(^o^)丿私、Aちゃんにはずっと発表会で古典をやってほしいな~と思っていました。候補の中から今回のが気に入ってくれて、良かった良かった(笑)今のところ、ベートーヴェンてタイプじゃないけど、モーツァルトはよく合ってましたね♪可愛らしいコロコロした感じ。でも難易度は全く可愛くない(笑)変奏曲を抜粋しても、お兄ちゃんに続いて全員の中で2番目に長い曲で大変でしたがよーく頑張りました!いつもまじめに取り組んでいるハノンの効果で、速い16分音符の連続もよく弾けていましたね。この調子でどんどん上達していってください(*^^)v
クラシックコース・グループA オーディエンス賞のT・Sちゃん(小4)
クラシックコース・グループA 準オーディエンス賞のK・Hちゃん(小3)
クラシックコース・グループB オーディエンス賞のK・Yちゃん(小5)
クラシックコース・グループB 準オーディエンス賞のF・Aちゃん(小5)

第9回発表会♪ クラシックコース・グループCの受賞者さんたちと、ベストピアニスト賞の生徒さん

いよいよ最終グループ!
クラシックコース・グループC、オーディエンス賞のM・Rちゃん。
ブラームス作曲「ハンガリー舞曲第2番」を演奏しました。オーディエンス賞おめでとう!(*^^)v Rちゃんは今回、生徒代表の挨拶をしてくれたり、会場の空気が温まっていない中で開幕一発目の連弾を披露したり、
大活躍でしたね!しかも受験生。そんな中、この瞬発力のいる難し~い曲をよく弾ききったなぁと思います。すんごく難しいんです(笑)(まあ勧めたのは私ですけどw やる子ですから)Rちゃんは、この一年でさらに俊敏なタッチで弾けるようになり、鍵盤に身体の重さを伝えるのも上手になって、全体的に出す音が変わってきました。表現の面でも、年齢の成長とともに歌えるようになってきたなぁ…と、レッスンでは嬉しく聴いていました。こうなると、ますます演奏の幅が広がりますね!(*^_^*)Rちゃん、いよいよショパンエチュードやってみませんか♪てゆーか、ぜひやりましょう?♡(笑)


続いてクラシックコース・グループC、準オーディエンス賞のK・Rちゃん。
シューベルト作曲「即興曲第2番 op.90-2」を演奏しました。Rちゃんは初めての入賞ですね!おめでとう~ヽ(^o^)丿 Rちゃんと言えば、当スクールでも指折りの努力家かつ向上心あるチャレンジャー。ピアノを始めたのが小4の時にもかかわらず、破竹の勢いで成長しています。元々カンの良い子が努力するのだから当然ですが、でもただがんばり屋というのではないですね。レッスンではあまりお喋りしない控えめな感じですが、こちらの話を一言も逃さず頭に入れようとする姿勢や、手本を食い入るように見るその姿、集中力に、とてもピアノへの情熱を感じます。時々、一生懸命になりすぎて自分を追い込んでしまう気配が無きにしも非ず…ですが(^^;)どうか、レッスンでは少しずつ心をラクにね(*´ω`*)大好きなピアノ、これからも一緒に楽しんでいきましょう♪


さて、いよいよベストピアニスト賞‼
ショパン作曲「ラルゴ」「ワルツ第14番 ホ短調」を演奏したN・Mちゃん(中2)!
初のベストピアニスト賞、おめでとう!(≧▽≦)/☆★☆
Mちゃんは来年度の受験に向けてた~っくさんの課題をやっています。その分、発表会の曲だけに集中できる期間は他の人よりも少なかったですが、ラストの一ヶ月で一生懸命追い上げました。「ラルゴ」のようにゆったりとしたごく短い曲は(いい曲なんですけど
)弾き方を工夫しないとやや単調に聴こえてしまいがち。ここが表現力を向上させる1つの頑張りどころでしたね。音に感情を込めるのはもちろん、一つ一つのフレーズを印象強く、繰り返しの後はさらにメロディーに存在感を出すようにして、見事に弾きこなしたと思います。低音がきれいに響いて、とっても素敵でした!「ワルツ第14番」は技術的に大変なところが多々ありましたが、一生懸命に取り組んで色んなテクニックを学んだのではないでしょうか(^^) いつも前を向いてコツコツ頑張るMちゃん、受験に向けて小休止もなく次々と頑張らなければいけませんが、私はMちゃんはその中でも楽しくピアノと向き合うんだろうと信じてますよ(*^^)b これからもずっと応援してます♪改めて、おめでとう!!


クラシックコース・グループC オーディエンス賞のM・Rちゃん(中3)
クラシックコース・グループC 準オーディエンス賞のK・Rちゃん(小6)
全体のベストピアニスト賞のN・Mちゃん(中2)
ベストピアニスト賞のN・Mちゃん、トロフィーも授与です!(≧▽≦)   
お問い合わせ